働きやすい!住み込みの仕事とは

住み込みで働く仕事にはどのようなものがあるのか

住み込みの仕事いうのは具体的にどんなものかというと、自宅から通うのではなく、その職場が持っている寮などに生活をしながら職場に通う働き方のことです。また、職場と住む場所が一体となっているところも中にはあります。 どのような仕事があるのかというと、新聞配達やドライバー、パチンコ店などの中には住み込みで働くようなところがあります。新聞広告などを見ると自動車や家電製品を製造する工場も住み込みの仕事として募集をかけているものをよく見かけます。 その他には期間限定で現地に住みながら働く仕事として、夏場の海水浴場や冬場のスキー場など、リゾート地で働くアルバイトや収穫や植え付けの時期などに住み込みで農場で働く仕事などもあります。

住み込み仕事のメリット

住み込みで働くことのメリットといえば何といっても生活費ではないでしょうか。さすがに食費は自分で出すことになりますが、電気代や水道代、ガス代などの光熱費は会社側が負担してくれますし、何より家賃が一切かかりません。お金を貯めたいという人にはとても大きなメリットがある働き方だと言えるでしょう。 また、勤務する場所と住んでいる場所が近いというのも大きなメリットの一つです。特に1階が工場で2階が住居だった場合は起きて用意をしてから数分で職場に行くことが出来ます。通勤時間がほとんどかからないため自由な時間がたくさん持てます。 また、特にリゾートでのバイトは職場の仲間と一緒に過ごす機会が多いので自然と仲良くなれます。大親友が出来たり、恋人が出来るケースもとても多いです。