自分に合ったものを!工場求人の選び方について

体力に自信があるなら大型製品の組み立て

工場で働こうとする場合、自分の個性や特性に合ったところを選ぶと仕事がやりやすくなります。たとえば、体力には自信がある、重い物を運ぶことが苦にならないというのであれば、力仕事系の仕事が合っています。具体例としては冷蔵庫やエアコンなどの大型家電の組み立て、梱包などです。こうした仕事の場合、求人広告には「大型家電の組み立て作業」「体力に自信がある方」「男性限定」といった風に、体力に自信がある人材を求めるキャッチコピーがしっかり書かれていることが多いので、見つけるのはそれほど難しくありません。 もし、工場で具体的になにを組み立てるのか知りたければ、求人情報に書かれている連絡先に問い合わせれば教えてくれます。

体力がなくても働ける工場はたくさんある

力仕事よりも工場作業で多いといえるのが、決まったことをずっと繰り返すという仕事です。たとえば、弁当箱の一角にお新香などの素材を入れていく作業や、小型家電の組み立てラインに入って特定のパーツを付け続ける作業などが該当します。こういった作業の場合、求人広告には「軽作業」「未経験者歓迎」といった風に、作業内容の単純性をアピールする文面が載せられることが多いです。根気強さに自信のある人、一つのことを繰り返すのが得意な人は応募してみるといいでしょう。 そのほかには検品作業があります。出荷基準に達していない製品を目視や機械による計測で見つけ出し、はじいていくという作業です。集中力に自信があり、細かな違いが気になる人に向いています。